サラリーマンからWEBフリーランスへ転身!個人で生き抜くための情報発信ブログ

サラリーマンからWEBフリーランスへ

青色申告

やよいの青色申告オンライン版でのトラブル・つまづいたところ【まとめ】

投稿日:

やよいの青色申告オンライン版のつまづいたところを、このページにまとめていきます。

メニュー

  1. 楽天カードの取引明細のCSV取り込み
  2. 楽天銀行の取引明細のCSV取り込み
  3. 編集禁止マークの仕訳を編集する方法
  4. 取引先の設定と補助科目は何が違うのか?

楽天カードの取引明細のCSV取り込み

楽天カードの取引明細CSVは、楽天e-Naviからダウンロードできます。

ただし、[お支払い(ご利用明細)]-[ご利用明細の印刷・ダウンロード」の画面では、CSVダウンロードボタンが表示されません。

[お支払い(ご利用明細)]-[ご利用明細」を選択して下さい。

楽天e-Navi(CSVダウンロードボタン)

面倒ですが、一ヵ月ごとにCSVファイルをダウンロードすることになります。

スマート取引取込(CSVの見出し割り当て)

やよいの青色申告オンラインにログインし、[スマート取引取込]-[CSVファイル読込]と進み、CSVファイルをアップロード。

CSVファイルがどの項目に当てはまるかを割り当てていきます。

このとき、利用金額を「入出金」に設定しないよう注意してください。

利用金額に「+」「-」の単位が付いていないので、「入金」と「出金」を分ける必要があります。

もし、利用金額を「入出金」に設定してしまうと、全て+の金額、つまり収入だと判定されてしまい、面倒な仕訳をされてしまいます。

ところが、そうなると「出金」を割り当てる適正な項目はありません。

そこで、支払手数料をダミーにして「出金」を割り当てました(私の場合、全ての取引で支払い手数料が0なので)

楽天銀行の取引明細のCSV取り込み

楽天カードを取り込んだときと、ほぼ同じです。

ただし銀行での取引は、「+」「-」の単位が付いているので、金額は「入出金」と設定して大丈夫です。

CSVの一行目には見出しが入ってるので、読み込むのは「2行目」からに設定。

勘定科目は「普通預金(楽天銀行)」に設定します。

勘定科目に楽天銀行がない場合は、科目の設定から補助科目を作成する必要があります。

やよいの青色申告デスクトップ版からインポートしていれば、補助科目も引き継がれています。

編集禁止マークの仕訳を編集する方法

編集禁止マーク

かんたん取引入力画面では、編集できない項目があります。

これは、振替(伝票)が使用されている為です。

現金が関係していない取引には、この振替が使用されます。

振替伝票とは?使い方・使い道・用途など

ところが、たくさんの振替取引を編集する際、毎回、編集画面を開かないといけないのは面倒です。

また編集を終えると、選択項目が全てリセットされてしまいます。

そこで、編集禁止マークが付いた仕分けをいくつも編集する必要がある際は、「かんたん取引入力」ではなく、画面左側にあるメニューから「仕分けの入力」を選択してください。

これなら同画面で編集できるので、テンポよく作業できます。

取引先の設定と補助科目は何が違うのか?

取引先の設定と補助科目は紐づいています。

例えば、「A社」と取引先がある場合。

まずは、取引先の設定に「A社」と登録。

次に科目の設定で、補助科目に「A社」と登録します。

取引先の設定を行わないと、売掛金の補助科目にA社を登録することができません。

何度やっても、登録されませんでした(何のエラーも出ない)

また、「取引先の設定に登録したのに、かんたん取引入力で補助科目が出てこない」という場合、取引先の設定しかしていない可能性が高いです。

どうやら「取引先の設定」は、検索などに使用する索引キーワードのような扱いみたいです。

-青色申告

Copyright© サラリーマンからWEBフリーランスへ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.