サラリーマンからWEBフリーランスへ転身!個人で生き抜くための情報発信ブログ

サラリーマンからWEBフリーランスへ

青色申告

事業用口座?個人用口座? - 個人事業主の青色申告

更新日:

アフィリエイト報酬など事業で得た収入が振り込まれる銀行口座と
プライベートに使うお金を引き出す銀行口座、
ほとんどの方がごっちゃになっていることでしょう。

控除65万円の青色申告を行う際、
まずはこれらの銀行口座を「個人用」にするか?「事業用」にするか?
決める必要があります。

入出金口座が?の画像

なぜ、そんなことが必要なのか?

それは、仕訳の方法が変わる為です。

例えば、パソコンを購入したとき。

もしこれが、白色申告(単式簿記)なら、
「仕事に必要なパソコンを5万円で買った」だけでいいので、
事業用・個人用を分ける必要がないのです。

しかし、青色申告で65万円の控除を受ける為には、
どこからどこにお金が動いたか?
(複式簿記)で帳簿を付ける必要があります。

事業用口座としたときには、
事業のお金で仕事に必要なパソコンを5万円で買った」
という仕訳になります。

個人用口座としたときには、
個人のお金で仕事に必要なパソコンを5万円で買った」
という仕訳になります。

減ったお金だけ見れば一緒です。
事業用だろうと個人用だろうと、事業主のお金には変わりないんですから。

なんだか面倒ですよね・・・

でも、この面倒な記帳でお金の流れを明確にすることによって、
不正会計がしにくく脱税も難しくなります。
その報酬として、65万円の控除が受けられるわけです。

65万円の控除は最低の課税率でも年間で約10万円も
支払う税金が減ることになります。
これは、大きいです。

「事業用口座」とするのがおススメ!

「個人用」にするか?「事業用」にするか?

どちらを選んでも何の問題もありませんが、
事業収入もしくは事業支出が一件でもある銀行口座は、
すべて「事業用」口座としてしまうのがおススメです。

事業用口座のメリット・デメリット

事業用口座とすると、プライベートも含め
全ての入出金を帳簿に付けなくてはなりません。

しかし、その帳簿は預金通帳が連動することになるので、
入力ミスがあれば口座残高が一致しなくなり、
すぐにミスを発見することができます。

また、情報量が多い為、
後で見てもお金の流れが把握しやすいです。

個人用口座のメリット・デメリット

対して、個人用口座にしたときのメリットは、
事業用口座としたきに比べて記帳が楽なこと。

個人用口座はプライベートな口座ですから、
帳簿を付ける必要はありません。
入出金があった中で、事業に使った取引だけを記帳すればいいのです。

ただし、二重に経費を計上するなどのミスがあっても気づきにくい為、
申告前にはしっかりと確認が必要です。

当サイトでは、「やよいの青色申告」を使用しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-青色申告

Copyright© サラリーマンからWEBフリーランスへ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.