サラリーマンからWEBフリーランスへ転身!個人で生き抜くための情報発信ブログ

サラリーマンからWEBフリーランスへ

青色申告

個人用(家事用)クレジットカードで経費にする事業用のもの購入した時の仕訳

更新日:

クレジットカード
この記事では、「プライベート用(家事・個人)」のクレジットカードを使い、
経費計上する事業用のものを購入した時の仕訳方法を紹介します。

※個人事業主の場合、クレジットカード・銀行口座をプライベート用とするか?
事業用とするか?事前に決める必要があり、それぞれ仕訳方法が異なります。
そもそも事業用とプライベート用の区別が分からないという方は、
【事業用クレジットカード?個人用クレジットカード?】をご覧ください。

プライベート用(家事・個人)のクレジットカードで事業用のものを購入した場合は、
「振替伝票」を使って仕訳します。

仕訳例1

ナビゲータから振替伝票を選択ナビゲート画面から「振替伝票」を選ぶ。

振替伝票でクレジットカード仕訳(個人)購入した日付(クレジットカードの引き落とし日ではない)を選択し、
仕訳を入力していきます。

[借方勘定科目]→ 消耗品
[借方金額] → 1000
[借方勘定科目]→ 事業主借
[借方金額] → 1000

「事業主借」とは、お金は事業主のプライベートな財布から支払ったけど、
事業のものだから経費に計上しますという宣言です。

本来は、事業に必要な消耗品(ボールペン)を1,000円で購入し、
事業主のプライベート用クレジットカードで支払ったという仕訳が必要です。

ところが、「事業主のプライベート用クレジットカードで支払った」という
勘定科目は存在しないので、「事業主のプライベートな財布から支払った」
ということで処理します。
つじつまは合ってるので、問題ありません。

振替伝票の登録「登録」を押せば、完了です。

これだけです、簡単ですね。
実際にクレジットカードの代金が引き落とされるのは、
帳簿の必要がない事業主のプライベート口座です。
その為、引き落とされる金額・日付はどこにも記入しません。

もしクレジットカード一緒に経費にならないプライベートなものを購入した場合は、
経費になる分だけを記入します。

クレジットカード・口座を「事業用」とする時に比べると、
預金出納帳処理や未払金帳に記入する必要がない為、
仕訳は非常に簡単です。

しかし、預金出納帳を使ってお金を管理できるということは、
二重に経費を計上してしまったり、入力し忘れなどがあると
実際の通帳残高と違い出るので、すぐにミスを発見できます。

クレジットカード・口座を「プライベート用」とする場合には、
仕訳が簡単な分、そのようなミスに気づきにくいデメリットもある為、
十分注意する必要があります。

仕訳例2

ちなみに、同じ日に複数の事業用のものを購入した場合。

振替伝票でクレジットカード仕訳(個人) 複数新たな日付の振替伝票を使い、仕訳します。

当サイトでは、「やよいの青色申告」を使用しています。

-青色申告

Copyright© サラリーマンからWEBフリーランスへ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.