サラリーマンからWEBフリーランスへ転身!個人で生き抜くための情報発信ブログ

サラリーマンからWEBフリーランスへ

青色申告

【ふるさと納税】ざっくり試し算での確認方法(青色確定申告する個人事業主向け)

更新日:

ふるさと納税がいくらできるのか?を計算できるシュミレーションサイトはたくさんあるんですけど、サイトによって金額が違うので、ちょっと不安になりますよね?

そこで、自力の試算で、控除額を計算してみましょう。

ふるさと納税できる金額は、ざっくり言うと住民税の20%です。

住民税のざっくり計算方法

住民税は、課税所得金額のだいたい10%です。

課税所得金額は、所得税の確定申告書に記載する㉖の金額です。

所得税の確定申告書に記載してある課税所得の欄

1,989,000円 × 0.1 = 約19万円 ≒ 20万円

※所得税控除は38万円ですが、住民税控除は38円なので、実際の住民税は19万円よりも高くなります。

住民税が分かったら、20%を掛ければ、ふるさと納税できるざっくりな金額を算出できます。

20万円 × 0.2 = 4万円

ということで、課税所得金額が1,989,000円なら、ざっくり4万円くらいはふるさと納税できることになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-青色申告

Copyright© サラリーマンからWEBフリーランスへ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.